自動車整備業界の大変革「特定整備制度」


こんにちは、こさかです。

大変お久しぶりでございます…。
忙し…。いいえ
決して言い訳は致しません(・_・;)


さて今日は

自動車整備業界の大変革、
令和2年4月1日に施行される
「特定整備制度」について解説します。

簡単に言いますと…
近年、重視されている
緊急自動ブレーキや
レーンキーピングアシストなどの
高難度の「電子制御装置」は
国の認証がなければ、それに係る
整備作業ができなくなるという事です。

代表的な整備作業例としましては
・カメラ付きフロントガラスを交換
・バンパーやミリ波センサーを交換
などがあります。


これらの修理は、エーミング(調整作業)が
非常に重要です。

令和2年4月1日以降は
「エーミング技術」や「エーミング設備」、
「エーミング可能な作業スペース」
これらをクリアした自動車整備会社のみ
対象車両の作業を許可されるというわけですね!

さらには

故障診断機を活用した
電子制御装置の検査技術がなければ
令和3年10月1日以降
対象車両の車検もできなくなります!



それは大変!!
石川トヨタは大丈夫なのか!?


大丈夫です!
トヨタもレクサスもフォルクスワーゲンも!

弊社はずーっと高級車を扱ってきました!
昔から当たり前にやっています!

当然弊社も今後認証を取得する必要がありますが
過去にエーミング実績のある弊社は
4月1日以降、未認証期間であっても
作業が可能ですのでご安心ください!


それではせっかくですので
金沢御影店 佐藤エンジニアの
ミリ波センサーのエーミング作業を
ご覧ください(^^)

・エーミング作業可能な広いスペース
作業スペースは、国の基準があります。

・専用ターゲットを配置
安易な配置は厳禁!マニュアル遵守!

・故障診断機を接続しエーミング
故障診断機を操作する技術も必須!

・マニュアルに忠実に正確に!
金沢御影店 佐藤エンジニア


このような作業になります。
技術・設備・スペース
非常に重要ですね!
経験豊富な石川トヨタに
お任せください!

長文になってしまいました…<m(__)m>
最後まで読んで頂き
ありがとうございます。

また次回に(^^)/~~~


新車・中古車を探すCAR SEARCH

アフターサービスAFTER SERVICE