タイヤの保管時の注意点は!?


こんにちは、こさかです(^^♪

暖かくなってきましたね、春ですね~
3月も後半、タイヤ交換でのご入庫が増えてまいりました!
ありがとうございます<m(__)m>

そんな今回は、外したタイヤの保管についてです!

時々ご質問頂く事がありまして、それは

「袋に入れたまま保管していいの?」

基本的には、
【タイヤ持ち運び用】として提供させて頂いております。
車に載せる時に、車内が汚れる事を防ぐ目的です。


特に避けていただきたい事は、
濡れているタイヤを袋に入れたまま保管する事!
袋の中の水分が乾かず…

「タイヤが傷みます( ゜Д゜)ホイールが腐食します(◎_◎;)」



雨風、直射日光、湿気からタイヤを守れる環境であれば
特に袋に入れて頂く必要は無いかと思いますが

保管用としてご使用いただく場合は
よく乾かして頂き
袋の中に水分が入らない環境で使用する事が重要です。

ご参考まで、タイヤ保管のポイントは!
・洗って乾かす(特に塩分は天敵)
・雨風、紫外線、湿気を防ぐ配慮をする(換気が良い屋内が最適)
・ホイール付きタイヤは横置きで保管する方がより良い(変形防止)
・空気圧を半分程度抜くとより良い(タイヤの負担軽減)
・タイヤの成分が床に付着する場合があるので、配慮を忘れず!

ぜひ参考にして頂けたらと思います。
また、弊社には
「タイヤストックサービス」もございます。
店頭にてお問合せください。 

ではまた次回に(@^^)/~~~

新車・中古車を探すCAR SEARCH

アフターサービスAFTER SERVICE