タイヤのスリップサインとは!?


こんにちは、コサカです(^^)v

とんでもない大雪が降ったと思っていたら…
突然春がやってきましたね!!
タイヤ交換の準備が必要な時期ですね!!

というわけで今回は
タイヤ溝の使用限度確認方法をご紹介します!


以前、スタッドレスタイヤとしての性能限界を示す
『プラットフォーム』をご紹介しましたが
↓↓↓
スタッドレスタイヤの寿命は?


今回は『スリップサイン』です。
スリップサインは、ノーマルタイヤとスタッドレスタイヤの
両方についているサインです。

実は、溝の深さ『1.6mm未満のタイヤは使用してはいけない』
と法律で定められているのです!!

その目安となるのが『スリップサイン』

この▲の上の地面と接する面にあり
↓↓↓


タイヤ溝の奥にあるコレ!!
↓↓↓



新品時は
↓↓↓



露出すると
↓↓↓




 
写真を比べるだけで
滑りそうなのが伝わってきますね(・_・;)

タイヤ溝が少なくなると滑りやすくなり
思わぬ事故に繋がりかねません。

完全に露出する前の早めの交換をおすすめします!!



ちょっとややこしいのでまとめると

①スリップサイン(▲の上)
   ノーマルタイヤとタッドレスタイヤの両方に該当し
   露出すると法的に使用出来なくなります。

②プラットフォーム(矢印の上
   スタッドレスタイヤのみに該当し
   露出するとスタッドレスタイヤとしての性能を
   発揮出来なくなります。
 (法的には、スリップサインが露出するまで使用可能)
 

ぜひタイヤ交換の参考してみてください。

では次回に(^^)/~~~

新車・中古車を探すCAR SEARCH

アフターサービスAFTER SERVICE